FC2ブログ

ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

なんか忙しかった日

代わり映えのない毎日を過ごしているようで
意外と忙しいときは忙しい主婦の日常ですが、
わたしは金曜日まさにそんな感じになりましてね……

一番最初になんじゃこりゃって思ったのは
その日見た夢。夢かよ、なんだよそれ、って
思ったでしょうがすごく深層心理映したような
恐ろしい内容だったんですよこれが。
舞台としては実家にいて、わたしは高校生、
弟は小学生、って感じで朝、うわああ学校
行かなきゃ遅刻するもう八時半だ! って
急いで制服に着替えて家を出たけど小雨降って
たんですよね。実際の高校時代も怠惰なJKで
自転車通学だったので、雨の日はよく母に
学校まで送ってもらっていたのですが←
その日は「お母さん送ってって」と言っても母
「今日は出かける用事があるから無理よ」と
言われ、じゃあお父さん送ってって! と
お願いして父の車に乗せてもらうことに。
弟も学校送れる~と言って一緒に乗ってきたのですが
(というか小学校で八時半登校じゃもう完全に
遅刻だよね。小学校ってなにげ始まり早いよね)
後部座席に弟と乗り込み、ふと隣を見たら
いつの間にか弟じゃなく娘の○子が座って
たんですよ。それもいつも着ている白いパジャマで笑
「パジャマじゃ小学校行けないよ~! お父さん
ごめん、いったん家に戻って。着替えなきゃ!」と
運転する父に言ったら、父「ええ? 仕方ないなぁ」
と言いながらハンドルを切ったんですよ。狭い道が
続く河川敷を走っていたのに、渡るべき橋はまだ
十メートルは先にあるのに、川のほうに向かって
ハンドルを切って。で車は当然のごとく河川敷の
道から外れて、二階分くらい下に流れる川へ
頭から突っ込んでいこうとして――

そこでお腹に浮遊感を感じて(ジェットコースターで
高いところから一気に下っていくあの感覚ね)
ハッと目が覚めたので、なんとか川に突っ込む
ところは体感せずに済んだのですが。

まぁとにかくあんまりいい夢じゃなかったので 
飛び起きたわけですよ、朝の四時に(=_=)
妙にリアルな夢だったし心臓バクバク言っているし、
こりゃまたすぐに寝るのは嫌だなぁと思って
スマホでポチポチ夢占いを検索ですよ。

曰く、交通事故の夢っていうのは総じてあんまり
いいものじゃなく、自分の中にある焦りや不安の
表れ、もしくはなにかやらなければいけないことが
あるのにそれを先延ばしにしていることへの罪悪感
から、自分を罰しようとしているときに見るもの、
らしく。うわぁあああわたし娘の入学に関して
不安しか覚えてないし、就学前検診で眼科に行って
こいって言われたのまだ行けてないから早めに
行かなきゃでも面倒くせぇって思っているし、
仕事も〆切近くて急がなくちゃって思っているしで
完全にこれドンピシャじゃあああん、とげんなりして。
で、交通事故と言っても色々あるし、車で
事故る場合はどこに乗っていたかというのも関係
するらしく。わたしが見たシチュエーションに
おいては大体以下の通りらしいです。
遅刻→嫌なことから逃れたいという心理状態
雨→穏やかにしとしと降る場合はいい前兆
制服→着ているとき気分がいいなら世間から
外れないような常識を持っている表れ
車→行動や能力、感情のコントロール
  円滑に前に進もうとする心の表れ
川→流れが急だったり濁流だと問題あるけど、
  澄んで穏やかに流れているぶんにはさほど
  悪くはなさそう。澄んで穏やかなほど潜在能力
が高いことを示している(夢で見た川はさほど
深さはなく澄んでキラキラして穏やかだった)
娘→実の娘の場合なら娘に対する愛情や不安の表れ
転落→恐怖心、不安を表す

キーワード的にはこんな感じ。
で、自動車事故の場合、自分で車を運転したか
他人が運転していたかでまたちょっと見方が変わり、
普段運転する人間でありながら他人が運転していた
ときは、その人物によって自分がしようとしていることが
妨げられる可能性があるという表れらしい。
それを知ってしばらく父に会いたくないと思った
わたしを親不孝だと罵るがいいよ。

まぁ明らかに先のことを不安視しすぎて必ずどっかで
落とし穴があって、とマイナスなことばかり信じ込んで
いるからこういう夢を見るんだろうな、というのが
よくわかる結果でした。娘がパジャマ姿で出てくるあたり
完全に小学校入学が鬼門となっていますねorz

まぁとにかく夢占いがなんとなく解釈できた
ところで朝の五時。二度寝しよ、と思って寝て、
普通に七時前に起きて夫の朝ご飯の用意。
子供たちを起こしご飯を食べさせ園バスに
八時に放り込んで、洗濯などを終えて、さて
再校をやろうと編集部から届いた紙の束を
前に赤ペン握って仕事に取りかかったわけですよ。

で、次の事件は十一時頃に起きた。なんか
いきなり左耳がぼわって幕がかかったみたいに
なっちゃったのですよ。痛みはないし聞こえにも
問題ない。ただ年末に子供たちから風邪うつされて、
熱はないけど喉痛いし鼻水出るしで、今はもう
さほどひどい症状はないけど、ここ二、三日
夜はとにかく咳も出ていて薬飲まなきゃ寝られない
感じだったので、おそらく風邪の諸症状の
一つだろうなぁとは思ったのですが、やっぱり
怖いじゃないですか? 片耳だけぶわっとなる感じ。
突発とかメニエールとか頭に浮かぶわけですよ。
午前中の予定で再校の後半が宅急便で届く
予定になっていたから、今から耳鼻科行くのも
どうかなぁと思ったけれど、結局宅急便を夕方に
回して、速効耳鼻科に向かいました。受付12時
までで、到着したのが11時半くらいかな。
予約しているひと優先だから待たされるだろうなぁ、
というか普通に12時ギリギリになっても患者は
きていたわ。これ午後の診察は2時半からっぽいけど
それまでに午前中の患者を全部さばけるのかって
逆に心配になるくらい。トイレに入ったらそのあいだに
待合室の椅子も全部埋まって座れなくなったし。
だが大丈夫、わたしは重症患者ではないし、壁が
あればよりかかってTLラノベを楽しめるのだ。
40分くらい待っている内に一冊読み終わっちゃったけど。

いよいよ診察。というか診てもらう頃にはもう
左耳治っちゃっててなんか申し訳ない気持ちに
なっていたけれども。年末から熱は無いけど風邪の
症状が続いていて、午前中いきなり左耳が詰まったので
心配になって受診しました、と説明し、さっそく
耳を診てもらう。「あー奥に水が少し溜まってますね」
とのこと。風邪が長引くと耳と鼻のあいだのところに
水が溜まっちゃって詰まった感じになるんだってさ。
鼻からほっそい管みたいなのを喉まで入れられて
喉の様子も診てもらって、その後は「じゃあ水を
抜きましょうね」つって、再び鼻から細い管を
入れられた(奥でくいっと管の先を耳のほうへ
回されて普通に痛かった)で、左耳にもなんか
パイプみたいなのを突っ込まれて、いきなり
掃除機みたいなぶおおおって音が響いて、鼻の
奥から左耳へなんかずぽって抜けていった。「はい
水抜きましたからね~」って言われたけど管抜けて
少しのあいだ詰まった感じがして本当に抜けたのか
これ、というか痛いです。涙出ました。痛いorz
喉もちょっと炎症があるとのことで口から消毒液
浸した綿みたいなの入れられて嘔吐く一歩手前あたり
のところをちょんちょんと消毒されて涙目。
その後は吸入?してってくださいと言われて鼻に
パイプ突っ込まれなんか霧みたいなの吸ってきた。
で薬もらって薬局を出る頃には一時。受付したときは
二時の園バスまでに帰れるかしらと不安だったので
よかった。お昼まだだったので本屋さんに行き、
併設するパン屋さんで食事。家に帰るとちょうど二時で、
布団を取り込み園バスを迎えて子供たちを引き取り。

で、この日は一ヶ月前から子供たちの歯医者の
検診を予約していて、二時半だったので歯磨きして
即歯医者へ。というか息子の上の奥歯、両方とも
なんか黒っぽいんだよなぁ……息子は歯ブラシを
噛んじゃう癖があるし、仕上げ磨きはいつも夜で
明るくないから奥のほうよく見えないまま終わらせて
いるから、気づかぬうちに虫歯できちゃったのかな、
と思って診てもらったら、案の定奥歯全部虫歯orz
しかも下の歯も虫歯で、合計六本も虫歯発見orz
なんだろう、始めて検診して虫歯だって言われたときは
ちゃんと仕上げ磨きしていないからだわうわーん、
と大いに反省したんですが、なんか二度目ともなると
「そりゃあんだけ飴でもチョコでも食って
アクエリアス飲んでりゃ虫歯にもなるわw」って
なんか開き直ってしまいまして。先生に「ジュース
控えてね」と言われるのには神妙に謝りながらも
内心ではそこまで傷つくこともなく、息子には
「虫歯あるから治しておこうね~w」って白々しく
笑いかける程度には図太くなりましたとも。へっ。
少し離れた椅子で娘も診てもらいましたが、そちらは
虫歯なしで、再び歯石が溜まっていたのでそれを
取ってもらい、歯のクリーニングとフッ素を塗布して
もらいました。すごくないですか? これ全部一人で
できたんですよ! 衛生士さんや先生の質問にも一人で
全部答えて、たった一人で治療が受けられたんです!!
虫歯の治療とかだったらパニクっていたかも知れないけど、
検診だって最初行ったときは半泣きで嫌がっていたから
すごい成長ですよ!! 歯医者でバイトしていたことあるから
六歳で一人で座ってちゃんと受け答えして治療を受けられる
子が結構すごいってわかっているから普通に感動でした!
息子も削られている最中は「ひ~ん」って情けない
声を上げていたけど全然動かなかったし、泣かなかったし。
まぁすでに経験済みだから多少慣れたのかもしれないけど。
しかし「歯磨きは悪くないのになぁ」って先生言っていたけど
わたし不良母なので割と歯磨きサボりがちです……
それでも磨き方がいいと褒められる不思議……
いいけど虫歯はいっぱいという結果……まぁそんなもんよね。

無事に治療を終え帰ってからは洗濯物を取り込み
三日分溜まった服を全部たたんでしまって、翌日は
土曜保育でお弁当が必要だから、ささみを切って
唐揚げにするための下味つけて、米をとぎ、
子供たちを風呂に放り込み、寝室を整え、園から
持ち帰った鞄の中身を片付け、カトラリーを洗い、
唐揚げを揚げて子供たちにご飯食べさせると言うね。
食べている最中に夫が帰ってきたので夫のぶんの
ご飯も用意して、食べ終わったら片付けて麦茶を
仕込み再び米をとぎ自分も風呂に入り寝かしつけ……

と、なかなか濃い一日を過ごしたわけです。
変な夢は見るわいきなり耳が詰まって耳鼻科に
駆け込んだ挙げ句痛い思いをするわ息子は虫歯
六本もこさえているわけで、まぁなかなか大変な
一日でした。疲れが翌日に残っていたらしくて、
土曜日はひたすら校正を頑張ってお迎えの時間
ギリギリに終わり、もう余力残っていなくて
夕食はコンビニで買ったという体たらく。なのに
その夜、娘が園で見た映画が悲しかった、思い出して
怖くて眠れない、と泣きながら言うため、娘が
眠くなるまで二時間半も笑い混じりのお話しして、
喉は枯れるわこっちが寝不足だわで、まぁとにかく
微妙に大変な二日間を過ごしておりましたとさ。

忙しいときは忙しい、そんな主婦の日常。
一歳児と新生児抱えてワンオペしていたあの頃に
比べりゃそれでも楽になったとしみじみ思いますがね。
スポンサーサイト



【 2020/01/12 】 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL