06
1
2
4
5
9
10
11
12
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
   

○市、発熱

今日は涼しい日ですね~。空も曇りで
日差しも少なく、外遊びにちょうどいい日です。
折良く今日は幼稚園で芋掘りイベントがあります。
幼稚園から歩いてちょっとのところにある
畑でジャガイモを育てているので、それを園児たちが
収穫するイベントです。去年はわたしも○子の
プレで親子で参加しました。今年は○市も
プレでわたしと参加予定でしたが、体調不良により
欠席となっておりますorz というか今頃
芋掘りしている時間帯だと思うのですが、
うちの○市さんは九時前にお昼寝を始め、
十一時半を回った今、未だに寝ております……(汗

というのも、昨日の夕方から調子がおかしくて。
もともと一週間前から風邪を引き、鼻水と咳、
それと微熱を繰り返しておりました。いずれにせよ
元気で外遊びもして、動き回っていたので、
軽い風邪だろうとあまり気にしておりませんでしたが、
昨日の夕方にことんとお昼寝したかと思ったら
なかなか起きない。起きたのでご飯を食べさせようとしても
泣いてばかりで全然食べてくれない。水は飲むし、
かろうじて食べたのはヨーグルトだけど、それも
いつもの半分程度。おっかしいなぁ、と思っているうち
またうつ伏せになって寝ようとしたので、寝床に
連れて行こうかと抱き上げたら、身体がめっちゃ熱い。

熱を計ったら39.5度ありましたorz

ひ~、突発性発疹以来の高熱だー。
○子だって四十度近い熱は出したことがないので
うわあああああ男の子ってやっぱり弱いのかぁあああ、と
思った夜でありました。ホントに○子は未だに
38度を超す熱は一回くらいしか出したことないし、
○市だって風邪は鼻風邪程度で終わるというのに。

ただ今回の風邪に関しては家族内でローテーションして、
一番最後に○市がかかったような感じなので、
たぶん一番ダメージ強いのが小さい身体に
どかーんと襲いかかったのかなぁ~、と。
一番最初に風邪の症状を訴えたのはわたしで、
五月の終わりくらいに喉が痛くて頭痛もひどくて、
痛み止めと蜂蜜大根で乗り切りました。
それが終わったら今度は夫氏が喉の痛みと
ひどい咳と微熱を訴え、市販薬で乗り切りました。
そしたら今度は○子が咳を連発するようになり、
医者に行って咳止めの薬をもらってきて、
それが飲み終わった頃に○市も咳と鼻水が
だらだら出始め、子供たち二人とも医者にかかり
咳止め、鼻水止めをもらってきたという流れです。
大体この流れで二週間ちょっとかかってる。

○市はあいだに微熱も入っていますが、
いずれも元気にしていたのですっかり油断してました。
あまりに高い熱で本人も苦しかったのでしょうね。
二十分うとうとまどろんでは大泣きしながら起きて
五分間絶叫をし、またうとうと二十分まどろみ、
また大泣きで起きて五分間絶叫、というのを
深夜の一時まで続けておりました。その後は
多少落ち着いたらしく、ばたっと寝てしまって、朝の
五時までぐっすり眠っておりました。起床時間が
朝の五時なのは、その時間に○子がおねしょで起きて
わたしを起こすときにちょっと騒いだからですorz

おかげでわたしも四時間くらいしか寝ていないので
今日は頭の締め付け感とぼ~っとしちゃう感じが
強くてあんまりなにかをやる気になりません。
まぁやる気がないのはいつものことなのですが。
五月末に直近の仕事が終わって以降、今日まで
わりとだらだらしたりお出かけしたりして好きに過ごしてました。
そんな感じでわたしはリフレッシュできたものの、
○市がこんな状態なので、リフレッシュ分の精神は
さっさと削られてまたgdgdモードになってきておりますorz

そして昨日の夜はわたしが○市をなだめるばかりで
構ってもらえない○子はわざと大声を出して話したり
泣く○市の真横で大声で歌ったりと、まぁ~
アピールしまくって、終いにはわたしに怒られていました。
かわいそうに……本人なりに弟を心配して、
ママの気を紛らわそうと頑張ってくれているのに、
当の母親にはうるさいと怒られ、弟は泣きわめくばかりorz
おかげで今朝もぐずぐず状態で、芋掘りのために
指定の体育パンツを穿かせなければならなかったのですが、
できずに断念しましたorz 担任の先生が
上手くなだめて着替えさせてくれたのを祈るばかりです。

○市も朝になったら熱が平熱に下がっていて、
朝ご飯も昨日あまり食べていなかったぶん、ばくばく
食べてくれました。ヨーグルトもしっかり一個食べて、
多少のぐずぐずはあるものの、ビデオ見て楽しく笑い、
そして朝のEテレタイムの途中で寝ちゃいましたorz

手持ちの薬もなくなったし、まだ鼻水がひどいので、
○子が帰ってきて午後の診察時間が始まったら
小児科に行く予定です。○子もまだ咳しているけど、
診てもらうほどではないかなぁ……。
なんにせよよくなってくれることを願うばかり。

暑い五月が過ぎ去り、梅雨寒の六月がやってきますので、
皆様も体調管理には充分にお気をつけくださいませノシ

髪切ってさっぱり

更新がずいぶん久しぶりになりました。というか
ツイッター始めてから案の定ブログの
更新頻度が低くなりましたね……orz
ただ五月は仕事が詰まっていて、末日〆切の
原稿があったり、六月頭提出のプロットが
あったりで、割と仕事にあくせくしておりました。
五月前半が体調不良で思うように筆が進まず
GWで遊んでいたツケなんかも回ってきて
後半忙しくなった感じですね。いつものことですorz(駄目だろ

体調のほうもよくなったかと思えばまた
朝から駄目なときもあり。肩とか腕とか
張ってる感じが自分でもわかってつらい日々です。
医者からもらった薬も限りがあるから
本当に大事な日以外は飲みたくないし、
ということで市販薬を飲んだり、寝不足だからと
ドリンク飲んだり、口内炎できたからスプレーしたりと、
気づいたら一日に何種類もの薬やサプリを
一緒に飲んでいるときがあって、我ながら
恐ろしく感じるときも多々あります。ただでさえ
毎日ピル飲んでるのに上乗せするとか……!

さて、まぁそんな感じで日々を誤魔化しつつ生きていますが、
今日は久々に子供たちと実家に帰ってきました。
といっても実家に長居する時間よりは移動時間のが
長かったんですけどね。片道一時間ちょいかかるので。
子供たち(というより夫もですが)二人とも風邪引いていて
咳がすごい感じです。○子はたまに咳き込んで、
一緒にちょっと鼻水垂らすくらいで回復傾向にあるのですが、
○市は咳がひどい上に鼻水もだらだらで、鼻呼吸が
できないせいか口から涎がだらだらで、おまけに
食欲もなくてご飯をあまり食べてくれません。
熱も微熱程度ですがあるので、連れて行くかどうか
悩んだのですが、嘔吐などの症状はないし、
本人もフツーに歩いたり走ったりはしているので、
大丈夫だろうと連れて行きました。結果、やはり
食欲はなくお昼もおやつもあまり
食べてくれなかったけれど、
フツーに過ごすことができました。

実家に行った目的は、母の友人がやっている
美容室に行くこと(ご本人の自宅の一角が美容室仕様)
朝一に行くつもりでしたが、午前中は予約が
入っていて対応できないと朝に連絡をもらい、
「じゃあ先にスーパーでお買い物してから
おばあちゃんちに行くよ」と○子に行ったら、
母のところへ行くのを前日から楽しみにしていた○子は
一気に機嫌が悪くなり、「お母さん(わたしの母のこと)
のところ行くうううううう!! お買い物行かない!!
髪切り行く!! お母さんのおうち行く!! お買い物
やだあああああああああああああああああああ!!」と
三十分近く泣きわめいていました(げっそり
最終的には落ち着いて、買い物にもフツーに
ついてきてくれたんですけどね。やれやれorz

そして買い物が済んだらその足で実家へ。
車で一時間弱、国道をひた走っているあいだに
息子は寝落ちしましたが娘は元気でずっと
お喋りしておりました。体力有り余っているね。
実家に着いたあとは久々に祖母に会えて
嬉しいのに恥ずかしい○子をからかいつつも、
みんなでお昼を食べに行き、それから美容室へ。

三ヶ月の時から通っているだけあり○子も
この美容室がどういうところかわかっている様子で、
髪を切るのも自分一人で椅子に座って
最後まで切られていました。ちびまる子ちゃんみたいな
おかっぱ頭でしたが、さっぱり切ってもらって
まるでこけしのような頭に。前髪もさくっと
切ってもらって全体的にさっぱりしました。
これから暑い時期だけに、これなら帽子被っても
あんまり蒸れないで済むかな~という感じ。

逆に○市はちょうどお昼寝時間と言うこともあり
ぐずぐずの大泣きで、わたしが抱っこして
母が頭を抑えてバリカンで刈り上げてもらうという感じでした。
そのあいだずーっと泣きわめいて顔中が鼻水と
涙と涎と刈り取った髪の毛でいっぱいというね……
○子も一時期こういうときあったけれど
今はおとなしくなったから、○市もさっさと
おとなしくなって欲しいと思う今日この頃orz

そのあいだ○子の幼稚園でのことを話したのですが、
参観日も遠足も一人だけ泣いてたりして散々だった、
というわたしの言葉に「ああ、よくある、よくある。
そんなもんだって」と美容師さんはかる~く答えて、
「うちの末っ子なんてもっとすごかったよ~。
お昼寝しない子だったから保育園のお昼寝時間は
いらなくてね。年少の頃は先生が『寝ないと狼がくるよ』
とか言って寝かそうとしてたらしいけど、娘は
『お母さん、狼なんてこないよね?』な~んて
かわいげのないこと言ってたし、次の年からは
お昼寝時間は先生のお手伝いして時間潰してたし。
運動会じゃ他の子がみんな時計回りに走ってるのに
うちの子だけ逆走してたし、スカートが嫌いだったから
卒園式になにを着せるかすっごい迷ったし。
結局パンツルックでシャツだけピンク着せて、
髪は美容師だから可愛くして、その日だけは
先生たちに『可愛い~』って言われてたわ。
中学はいると制服がスカートになるじゃない?
でもそれまでスカートを穿いたことがなかったから、
トイレの時スカートをどうすればいいの?
ズボンみたいに脱いでいいの? って聞かれて
ああわかんないんだわ~って驚いたもん」と、
そりゃあそりゃあ赤裸々に語ってくれたわけです。

この美容師さんは母の子供の頃からの友人で、
わたしもそれこそ物心ついたときから髪を
切ってもらったりして、お宅にお邪魔することも
何度もありました。三人のお子さん全員と会ったことも
遊んだこともあります。末っ子ちゃんはちょっと
年が離れていましたが、赤ちゃんの頃から知ってます。
確かにぽやっとした子でしたが、まさかここまで
いろいろな伝説を打ち立てているとは、とびっくりしました。

これまでもツイッターなどで育児の後ろ向きすぎる
呟きに対し、フォロワー様から励ましのお言葉や
エピソードなどいただいて、そうだよね、うちだけじゃないよね、
それどころかもっと深い悩みを抱えているひともいるし……!
と励まされたのですが、今回のこの話は
それを上回るエピソードでした。なぜかと言われれば、
わたし自身が話題になった美容師さんの末っ子さんを
知っているからでしょうね。本人を知っているからこそ、
エピソードにより信憑性が増し、同時に驚きが大きかった。
なにより今大学に通うその子がとても可愛く
素敵な女子に成長しているという事実が、
とても心強く、弱ったハートに響いてきたのです。

子供たちの髪もさっぱりしましたけれど、
わたしの心の中も幾分さっぱりした時間でありました。

その後は近くにあるわたしの祖母の家に寄り、
お小遣いとバナナと銘菓を頂戴し、
実家に帰ってからも、やはり母からおかずと
マフィンとグリーンダカラ一本とパンを頂戴し、
いろいろお土産を背負って帰ってきた佐倉であります。
久しぶりに会った祖母も元気そうでした。
最近は父には会うたび『老けたなぁ』と感想を抱くのですが、
祖母に対してはいつ会っても『老けないな……(汗』
という感想を抱きます(汗 もう83なのに
腰も曲がっていないし受け答えもはっきりしているし。
ケータイで電話できるしメールも打てるし。ハイテク。

そして家に帰る車の中では子供たちふたりとも爆睡で、
わたしは車内で一人カラオケを満喫しておりました。
お昼寝しちゃったし帰りも遅くなっちゃったし、
明日も休みなんだから夜更かししても構わないだろうと、
夫氏が帰ってくるのを待ってからご飯にし、
寝床に入ったのはいつもより一時間遅い八時半。
でも夫も子供たちも九時前にはパタッと寝ちゃいました。
みんなほどよく疲れているようで……夫は
仕事で体力使い果たしている感じですが(汗

なんにせよわたしにとってもいい一日でありましたw

***

近々書籍プレゼントを開催予定です。
手元に本がいっぱいになっちゃったので、
クリスマスまで待っていられない!! という感じでorz

来週中には告知しようと思っておりますので
興味のある方はのぞいていただければと思います。
応募者全員にSSのプレゼントもありますので。
ただそのSSは完全に新しいものではないのであしからず……

楽しくなかった親子遠足

本日は幼稚園の親子遠足でした。
遠足先は埼玉県にある東武動物公園です。
八時に市内のプラザに集合予定で、
ギリギリ八時五分前に到着したのですが、
まぁ~さっそくわたしはやらかしました。
プリントに園児の格好は「夏服/体育ポロシャツ
・体育パンツ」と書いてあって、
「夏服? 体育ポロシャツ? どっちで
行くのが正解なんだ?」とわけがわからなくなり、
夏服で大丈夫だろうと思ってきていったら
体育ポロシャツが正解だったという罠。
この「夏服」というのは年中・年長さんのみが
着用している「夏用の園服」のことだったのですorz
(今年の年少さんから園服が替わって、
年少さんは夏用の制服が存在しない)
おまけにわたしもいつも家族で出かけるような
格好でいいだろうと思って着ていった服が
割と襟ががっつり開いているタイプの奴で、
TPOもクソもない場違いな格好を母娘両方で
してきてしまったわけです……(遠い目
周りのママさん見てみるとTシャツ・デニムとか
本当に地味目でまとめているママさんが多く、
わたしのタンクトップ+カーディガン・デニム
スタイルは完全にアウトな感じでした……(遠い目

それでもまだ林に紛れた木のように
生きて行ければよかったのですが、○子は
現在進行形で幼稚園でもしょっちゅう泣いている・
集団行動もしないし自分が気に入ったこと以外は
なにもやらない、というような手のかかる園児で、
この日もまぁ~その手のかかるぶりを発揮してました。
ただでさえTPOに喧嘩売るように周りと違う
格好をして浮いている中、バス内の手遊びはガン無視、
先生が説明中もわたしに話しかけてばかり、
わたしと手を繋ぐのを終始嫌がり、
自分が行けるほうに行けないとギャン泣き、
というのが終日続いたスタイルでした。

まだ動物園に着いていないうちから「○ちゃんは
動物園に行きたい!」と大声で宣言し、
「だから今バスで向かってるよ」とわたしが答えれば
「やだああ、降りる!」と大声でわめき、
「バスが止まらないと降りられないよ。今ここで降りても
動物園までの道がわからないよ」と言っても
「降りる!」の一点張り。降りなかったけれども。

そしていざ到着したらダッシュで入り口へ向かおうとし、
わたしと手を繋いで列になって歩くのを拒否し、
列から何度も外れて反対方向へ走ろうとするので、
やむなく抱っこして列を追いかけたら大泣き。
さらにゲートをくぐってすぐのところにあった
公園なんかにある遊具?みたいな乗り物が並んでいて、
「あれに乗りたい!」と大声で主張。だが
クラス写真撮影が控えていたので駄目だと言ったら
そこからギャン泣きスイッチ発動。脱走と
大泣きと地面に大の字を繰り返しながら、
クラス写真撮影という難行に挑む。もちろん決められた
順に並ぶこともできず、わたしが抱っこして端っこに
座って撮るのも、ギャン泣きし続けわたしから
逃げようと暴れるので撮影にも時間がかかり、
周りのママさんに謝りたいと思っても、荷物を
取りに行くことも難しいほど動物園に向かって
走り出す○子を追いかけるのに必死すぎてどうしようもなく……

そして向かった先は動物ではなく再びゲートに戻って
先ほど乗れなかった公園にあるような乗り物に乗りまくり、
そこだけで三十分くらい消費。もうわたしも
自由行動中はどう行動してもどうでもいいわという
気分で、○子に付き合ってのんびり適当に回ってました。

他にもたくさんの幼稚園・保育園から
園児が遠足にきていて大わらわな感じでした。
トイレも和式のほうが多くて混みまくっていたし……
とりあえず○子にはウサギでもさわらせておけば
いいかと思ったのですが、なんとウサギとの
ふれあい時間は十三時からとなっていて無理だったというorz
その後は近くのペンギンを見たり、また乗り物の
ところに戻ったりと、園の奥に行くことなく過ごし、
でも十三時前にウサギのところに行ったら待ちの
行列ができていたのでひとまず並び、大勢の
園児たちに押し寄せられて撫でられまくっている
ウサギを○子にもなでなでしてもらいました。
「あったかかった」と感想を言ってにこっとしていて、
個人的にここがハイライトその1かな。
その後は二つ隣のひよこのところにも行くということで
行かせ、そこではひよこを持ち上げることができたのですが、
動物嫌いなわたしはたかだかひよこを持っているだけでも
ひぃぃぃ~って感じで、爪は痛いわ、くちばし痛いわで
この野郎って感じでしたが、○子は意外と上手に
ひよこを持って(というか握りつぶして)いて、
「ふわふわ~w 可愛い~w」と言っていました。
今日撮った○子の写真で唯一動物園にきていることが
わかる正面写真はこのひよこのところだけです(遠い目

ひよこをさわって満足したのか、
その後は集合時間一時間前に
またゲートのところの遊具で遊ばせて、
トイレに入ってからバスに戻りました。
割と早く戻ったつもりでもすでに半数の
ひとが戻っていたという衝撃(遠い目

その後も先生の言うことそっちのけで
大声を出すわ降りると言うわでもう
頭クラクラしちゃいましたが、もう、うん、
疲れていてどうでもいい気持ちになったし……orz


他によかったことと言えば、近くの席に
座っていた女の子たちが「○子ちゃん」と
呼びかけて手を握ってくれたりしたことですかね。
多分普段から○子が泣いてばかりだから
女の子特有のお世話したい欲求から
優しくしてくれる天使たちだと思うのですが。
それと○子がたまに言う「Nちゃん」という
お友達のママさんともお会いできて、いつも
お世話になっていますとお礼言うことができたことくらいかな。
皆様とても優しいママさんたちで、集合写真で
「騒がしくてすみません」と謝っても、
「大丈夫です~」なんて笑ってくださったのに
救われました……ホントすみません、うちの娘だけ
なんかこんなんで……orz 手を繋いで歩くことすら
できない我が子をどうしても不甲斐ないと思ってしまう
不甲斐ない母親はわたしですorz


幼稚園入れば楽になるよ~とか、見違えるように
言うこと聞くようになるよ~とか、いろいろ
聞いてきたけど、今のところうちの娘には
なんら当てはまるところがないなとどうしても思ってしまう。
楽になるどころかこれまでの子育てが
失敗だったかと疑いたくなるようなことばかりで、
今日も周りに迷惑かけまくりで肩身が狭いばかりでした。
それでも帰りのバスで途中下車する際には
(解散場所の前に幼稚園の前とかを通ったので
家が近いひとは途中で降りることが可能だった)
みんな「○子ちゃんバイバイ」と声をかけてくれて、
なんかもう優しさにふれ合ってありがたいと
思う反面ごめんなさいという気持ちもあふれていた
母佐倉でありました……。よかったこともあったけど
正直に素直に言うなら、楽しくはない一日でした。

来年には楽しいと思える一日に
なっていればいいのですけどねー……
来年は○市も四年保育で入園させる
つもりでいるので、たぶん家族総出で
行くことになると思うのですが、うーん……。
○子が来年になっても今のままだったらと
考えちゃうと、いっそ欠席しようかという
考えが頭に浮かぶ今日この頃ですorz

プレ二回目

相変わらず体調にブレがある佐倉です。
頭痛がようやく薬とか地道なストレッチのおかげで
よくなってきたのかな~、と思ったら朝の
気温や気候でやっぱり痛む日があったり、
かと思ったらここ数日天気が悪くて寒かったので
あえなく風邪を引いて喉をやられて鼻水も
だらだらで鼻呼吸ができなくなったりと、
割と大変な日々を過ごしておりました。風邪は
だいぶよくなりましたが、今日は朝は頭痛があり
痛み止めを服薬しております。とほほ。
日常生活は普通に送れているんですがね。
昨日も母とイオンで待ち合わせてスタバの
新作飲んだりランチしたりと楽しく過ごせましたが。


さて、今日は○市の二回目の幼稚園プレの日でした。
プレというのもおこがましい、親子で楽しく
遊んでお喋りして、ちょっと手遊びして、みたいな
支援センターに近い感じの集まりです。
今日も前半は子供たちを自由に遊ばせ
ママさんたちのお喋りの時間になり、
後半は絵本の読み聞かせと、マラカス作りでした。
マラカスは小さなペットボトルにビーズを詰めてあり、
そこにママがマスキングテープとシールを貼って
完成というもので、できあがったやつは
子供たちがもれなくぶん回して遊んでいました。

○市もだいたいの時間おとなしく遊んでいたのですが、
(そしてわたしはそんな○市を見るだけ見て
ぼーっとしていて他のママさんとの交流は
ほとんど持たずにぼっちを満喫していた)
誰か一人が脱走すると自分も続けという性なのか、
ガラス越しの外で園児たちがのびのび遊んでいるのを
見たせいか、自分も外で遊ぶ~と何度か脱走を
繰り返しまして。その都度室内に戻していたのですが、
運悪く外で遊んでいた○子に見つかりましたorz

「あ、ママーw」と嬉しそうに寄ってくる○子。
あああああ見つかっちまったあああああ、と
盛大に焦るわたし。そんなことはお構いなく
外で遊びたいから行かせろゴラ、と無言で
わたしの手をくぐり抜けようとする○市。
そんな構図で硬直していましたが、
タイミングよく(?)手遊びを始めますという
声がして、ママは○市を抱えて○子に「ごめんね、
ママ中に入るから○子は先生と遊びなね」と
声をかけて中に入ったわけです。そのときの
○子の泣きそうな顔と言ったらorz
その後も窓越しにしつこくママ、ママと声を
かけていた○子でしたが、ちょうど外遊びが
終わる時間だったらしく、わたしたちが
マラカスを作り終えて外に出たときには
年少の園児さんたちは中に入っておりました。

○子も教室に入れたのかな、よかった、と
思いつつ、あとの時間はプレでゆっくり過ごし、
外遊びする気満々の○市に靴を履かせ
解放したら、なんと先生に手を引かれて
廊下をお散歩する○子の姿が(滝汗

○子もママアンテナがすごい立っていたらしく、
速攻でわたしを見つけて泣きながら
「ママあああああああ!」と叫び、それに気づいた
先生がハッとした様子でこっちに頭を下げ、
もうそうなったら無視もできないので近寄っていったら
○子その場で号泣orz 「最近は
外遊びが終わって教室入ろうって
行ったらすぐ入ってくれたのですが、
今日はなかなか入ってくれなかったので、
ちょっと強引に中に入れちゃったんです。
そしたら泣いちゃったので、気を紛らわせるために
お散歩しようと出てきたところだったんですよ~」と
説明してくれる先生にものっすごい申し訳ない
気持ちになりつつ、「すみません、外で
遊んでいるときわたしを見つけちゃったので、
たぶん連れて帰ってもらえるんだと思ったんだと……」
「ああ、それで入るのちょっと嫌がったんですね~!
そうだよね~、ママがいたらそっち行っちゃうよね~。
でも○子ちゃん、ちゃんと自分で靴を脱ぐところまでは
できたから偉かったんですよ!」と、すっごい
迷惑かけているのに褒めてくれる先生に、
こっちの良心は痛みすぎてたまらないorz

○子は○子で泣きながら「ママと帰る!」って
主張するし、こりゃあ近くにいても逆効果だと言うことで
「○ちゃんはこのあとご飯食べるんでしょう?
ご飯食べたらバスに乗って帰っておいで」と
声をかけ、先生も「そうだよ、○ちゃんはバスは
一番に降りるからすぐにママにまた会えるよ!
ちょっとごはんたべて、そしたら帰ろうよ!」と
明るくなだめられ、「じゃあお願いします~」と
頭を下げてわたしは早々に帰ることに。

長居したら○子がママと帰ると駄々を
こね続けるだけだ。さっさとここから消えなければ!
と思ったはいいものの、こっちには
明らかにまだ遊びたい○市がorz
仕方ないので小脇に抱えて帰ってきたら
まだ遊ぶううううううと大泣きして
他のママさんたちの注目をめっちゃ集め、
ママはもう心を無にして園の門をくぐるしかなかったですorz

子供たちどっちにもそれぞれ「帰るうううう」
「帰らないいいいいいい」と泣かれ、
疲れ切ったままは、お昼をコンビニで買って
帰ろうとしたはずなのに、なぜか通り道にあった
ケーキ屋さんに車を停めて、お昼ご飯の
代わりにケーキを食べたという体たらくですorz
単に胸焼けと胃もたれを引き起こしただけですが、
なんかとにかく、わたしも慰められたかったのですorz
お昼をケーキバイキングで終わらせたようなものさ!
と言い訳しつつ、息子にもケーキでお昼ご飯に
させたのは大いに反省すべき点と思いつつ、
たぶんまたやる日がくるだろうと思わずにはいられない。

思い切り遊ばせてあげられなくて御免よ、○市。
○子は今頃泣きながらお昼を終えた頃かしらん。
なにより一番謝りたいのは○子の担任の先生。
いつもご迷惑をおかけして申し訳ありませんm(_ _)m

ファミリー参観

今日は○子の幼稚園での参観日でした。
ファミリー参観なんてしゃれた言い方を
するなぁと思いつつ。あいにく天気は大雨(汗
おまけにここ最近は最高気温が二十度超えが
当たり前だったのに、今日は十八度止まり。
さてなにを着ていこうかと、そこから悩む有様です。

とはいえ自由な感じの園なので、
こういう催し時も保護者の格好はわりとラフ。
わたしもジーンズとちょっとおしゃれなトップスと、
防寒着代わりに厚手のパーカー着て行きました。
夫が園まで車で送っていこうかと申し出てくれましたが、
大雨だし車でくるひと多いだろうな~、
幼稚園の駐車場は広いけどその前の道は
狭いから送っていくのも大変そう、ということで、
長靴を履いて歩いて幼稚園まで行きました。
帰りは○子と歩いてくる予定だったので、
○子の傘とレインコートも一緒にもって。

十時半から開始で、到着したのは十五分くらいでした。
下駄箱が置かれた昇降口代わりのピロティに
すでに多くの保護者の方が待っていて、すでに
満員っぽい駐車場にもまだまだ車が入ってくる。
保護者は母親だけできているひともいれば、
赤ちゃんを抱っこしてきているひともいるし、
父親と夫婦できているひともいるし、なにより
土曜日ということで小学生がいっぱいいました(汗
みんな卒園生なんでしょうね、ピロティで
お待ちくださいという園内放送をぶっちぎり、
我先にと幼稚園に入って、屋内の遊具で
遊びまくっていました(笑

わたしもほかの保護者に混じりながらピロティから
○子のいるクラスをちらっとのぞきました。
ちょうど窓に近い席にいて、先生のピアノに
合わせてノリノリで歌って踊っていました。
けどピアノ音が止むと途端につまらなそうに
そっぽを向いて、窓の外にわたしを見つけるなり
嬉しそうににっこり笑い、次いで帰りたいと
視線に込めてこちらをじーっと見つめ、終いには
ぽろぽろ涙をこぼすという……(苦笑
副担任の先生が慌てて駆け寄って
○子のハンカチを取り出し涙ふきふきしてました(汗

そして時間になって保護者が教室に入る時間に。
わたしも○子の側に行ったのですが、まぁ~、
さすがうちの○子さんですよ。わたしの顔を見るなり
先生の説明もなにもかもそっちのけで、
他の子が立って挨拶したり手遊びしたり、
今日の日付を復唱したり出欠の確認を
したりするあいだ、ひとっっっっっつも
先生の方向を向かず、むしろ椅子に跨がって
座って、先生に背を向けてこっちに身体全部向けて
ひたすらわたしに話しかけていましたよorz

ちなみに他の子はみんな先生のほうを向いて
お話をきちんと聞いていました(遠い目
一人だけママにべったりで泣き出しちゃった子がいて、
そのママさんまで泣きそうな顔になっていたのが
なんとも気の毒でしたが……うちもああなるのを
覚悟できたので、もうなんか、○子、
くっちゃべってばっかりだけど、泣かないだけ偉いなと、
わたしは自らのハードルを最低限まで下げたorz

その後はプレのときと同じような制作の時間。
福笑いをつくるということで、顔の形に切られた
画用紙に、髪の形に切られた画用紙をのり付けし、
その後は目の画用紙に黒目をクレヨンで描いて、
鼻の画用紙に鼻の穴を描いて、それで
福笑いをして遊びましょうということでした。
先生が見本で作りながら、できあがった福笑いを
して笑いを取ったところで(この説明の半ばくらいから
飽き始める男子が増えて、机にぐで~と
伏せる子が多かったorz うちの○子は相変わらず
説明そっちのけでわたしにひたすら話しかけている)
すでに用意されていたキットを使って作った感じです。

自分のお道具箱からくれよんとのりを
取ってきなさいと言われ、きちんと自分の
道具箱から取ってきたのは感心しました。
先生が「椅子を机に入れてから」と指示すると
○子もきちんと椅子をしまってから道具を
取りに行ったのですよ。そこは感心しましたね。
肝心の制作物は目も鼻もすべてのり付けして
福笑いの意味をなさないただの制作物に
成り果てましたがorz 他の親子がほのぼのと
遊んでいるのを横目に「おお、○ちゃん
女の子の顔完成したね~w」と褒めていたわたしorz

その後は子供たちのママの絵を描いた
タンブラーをサプライズの贈り物として贈られました。
先生がわざわざ一人一人を呼んで「ママに見えないように
背中に隠して持って行ってね」と指示したのに、
ぶれない○子さんは持ってきたタンブラーの包みを
自分でさっさと開けるとさっさと中身を見せて
しかも自分で遊び始めるというマイペースさです。

その後はお帰りの挨拶をして、担任からの
いろいろな話があったのですが、○子が
おしっこを訴えたのでわたしは○子とトイレに向かいました。
副担任の先生が一緒に着いてきてくれて、
この頃○子がおしっこできるようになって、
今日も一回できましたよ~と嬉しそうに報告して
くださいました。そしてわたしの前でもフツーに
おしっこできましたが、まぁマイペースな子なので、
こっちは教室に戻って先生の話を聞きたいのに
いつまでもいつまでも手を洗い続けようとしたり
お喋りに夢中で上靴を履いてくれなかったりと、
つっこっみどころは満載でしたorz おまけに
おしっこしながら「ちんこ、ちんこ」連呼するし。
佐倉「最近家でもなんでだか「ちんこ」って
   言いまくってるんですよね~(ため息」
副担「あっ、それ最近男の子のあいだで
   流行ってるんです。やっぱりそういう言葉は
   面白いみたいで~(苦笑」
原因は幼稚園にあったのか……orz

結局担任の先生の話は途中からしか聞けませんでしたが、
近々ある衣替えや親子遠足の説明が主で、
まぁわからなければ連絡するなりくるなりあるだろ、と
いう内容でした。その後は保護者総会。
てっきりほとんどのひとが出席するのだろうと
思っていたけど、実際はクラスの半分以上の
保護者が帰っちゃって「ナ、ナンダッテー」って気分でした。
ママともいないとこういう情報収集する手段がないから
どうしようもない。ただ決算報告聞くだけだから
出ることにさほど意義があるわけでもないし……orz
おまけに待っているあいだ、帰る気満々でいた○子は
大泣きして手がつけられず、副担の先生が
ずっと見ていてくれたという体たらくでしたorz

こんな○子ですが先生たちは常に
前向きにコメントしていただき、
泣くことが少なくなったとか
トイレができるようになってすごいとか、
もう明らかにクラスから浮いているのに
全然マイナスなことを言わないで話してくださいました。
○子が間違って持っていった家のタオルも
きちんと保管してくれていて、今日手元に
無事に戻ってきました。担任の先生が
すぐに忘れ物の中から探し当ててくれたという……

帰りもわざわざ「○子ちゃん、ばいばい~!」と
笑顔で声をかけてくださって、なんかもう
本当にお世話になっていますとしか言い様がなく……(感涙
他の子が立派にできているぶん、うちの娘の
なじみなさがまぁ~浮き彫りになっておりましたが、
先生方が頼もしいのでこちらも特に不安もなく
「まー、そのうち馴染むべ」と思えるところが
わたしも相当図太くなったなぁ、と……orz

おかげで先生に日頃のお礼を言うのをすっかり
忘れて帰ってきてしまって、今後悔の嵐ですorz

帰りも大雨だったので、○子にはレインコートを着せ、
傘を持たせ、わたしも大量の荷物を抱えて帰りました。
置いてある着替えが春物がほとんどであるので
全部持ち帰ったのと、上履きと贈り物とと、
いろいろありまして。○子は傘と水筒だけで
手一杯だし。リュックは自分で背負ってましたが。
着替え袋も一度持ち帰りたいと思っていたから
よかったのですが、一時期毎日着替えて帰ってきていたので、
こちらもその都度着替えを持たせていたら、なぜだか
二組あればいい着替えが、半袖二着に長袖一着、
長ズボン一着、パンツが四枚(!?)、下着一枚、
靴下三組と、よくわからないことになっておりまして(滝汗
替えのおむつも三枚も入っておりました……

月曜日には夏服を二着ずつ入れて
持たせる予定ですが、いやぁ正直
こんなにパンツが入っているとは思わず、
道理で家に置いてあるパンツが少ないわけだとorz

ズボン、スカートも手持ちがなぜか少ないので、
明日夏用のパジャマと一緒に二着くらい
買おうかと思っております。出費……orz

まぁとにかく、○子は最初以外は泣きもせず、
かといって先生に従う様子もなくマイペースに
しておりましたが、興味あるところはやっているし、
全部の指示に逆らっていたわけでもないので、
今後に期待しようということで自分の中で結論出ました。
まぁいい子だったらブログのネタにも
ならないしね……と無理矢理前を向く母ですorz

次の行事は23日の親子遠足ですかね。
埼玉県にある東武動物公園に行く予定です。
あそこって今けものフレンズとコラボだか
なんだかやってるんですよね?
あいにくこのところなんのアニメも見ていないから
話題になっていても全然知らないのですよ。
なのでまだコラボ期間中なら、それまでに
アニメを見て、概要を掴んでから行きたいなぁとは
思っております。そのほうが楽しそうじゃん?

園内では各自自由行動なので、
○子との動物園デートを存分に
楽しむ予定でおります。一緒に歩く
友達はわたしにも○子にも存在しない(遠い目

そのほうが個人的にとっても気楽w

なんにせよ楽しい参観日でした。

***

ムーンライトノベルズに昨日短編の
『優しい天使の堕とし方』を投稿いたしました。
ありがたいことに日間一位いただきました!
感想もありがとうございます!
サクッと読めるエロいラブコメですので
是非お読みくださいませ→
優しい天使の堕とし方

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる